飲む日焼け止め 比較ランキング

飲む日焼け止めサプリ ランキング|美白生活

紫外線貯金はいらない!10年後のキレイのためのUV対策

疲労回復 シミ対策に飲んで効く医薬品、進化したニューキミエホワイト「キミエホワイトプラス」

読了までの目安時間:約 7分

医薬品とサプリの違いは、ずばり、
効果効能が認められた「薬」であるのか
体本来の働きをサポートするための栄養補助食品であるのか
という違いです。

近はやりの「飲む日焼け止め」はサプリ。
紫外線による活性酸素の働きを抑えるための働きをサポートするための栄養成分を意識して摂りましょうということですね。

する医薬品は、しっかりとその効能が認めらている「お薬」
「お薬」だけに、効果は期待できますが、その分しっかりと用法容量を守らないと副作用が出てしまう可能性があります。

つまり、こういうことですね。

  • 効果は高いが副作用の可能性が高い=医薬品
  • 効果は緩やかだが副作用の心配がない=サプリメント
さて、医薬品とサプリメント、どっちを選べばいいのでしょうか?
手っ取り早く効果を期待できるのであれば、断然医薬品です。

ですが、医薬品の場合は、継続的に長期間飲み続ける場合は、医師の診断を受けたほうがいいでしょう。

でも!

キミエホワイトプラスは、副作用リスクの比較的低い『第三類医薬品』です!

ニューキミエホワイト【キミエホワイトプラス】は

  • シミ・そばかす
  • ニキビ・湿疹
  • 疲労回復
  • 二日酔い

の効果・効能が認められた医薬品です。

疲労回復 シミケアの医薬品
シミと疲労回復って、なぜ?って思ってしまいますが、
キミエホワイトプラスに配合の成分「パントテン酸カルシウム」というのは、ビタミンB5のことで、疲労回復に有効な成分なんです。
弛緩性便秘に効果ありなのですが、副作用としては、軽い下痢が考えられます。
ビタミンなので過剰に摂取しても体外に排出されますので、大きな副作用の心配はありません。

また「キミエホワイトプラス」の主成分であるLシステインは、準必須アミノ酸ともいわれている体内で生成しにくいアミノ酸の一種です。
Lシステインは、ビタミンCと反応してシミの原因であるメラニンの発生を抑えます
また、すでにできてしまったシミ対策として、肌の代謝を正常化して、沈着したメラニンの排出を促します

コラーゲンは飲んでもコラーゲンにはならないといわれていますが、Lシステインは体内でのコラーゲンの生成もサポートします。

また、肌だけではなく体の代謝もスムーズにしてくれるので、エネルギ―不足による疲労を和らげてくれます

管理人
キミエホワイトプラスはまさに、
夏の日焼けと、倦怠感の救世主なんです!
≫新しくなったニューキミエホワイトの詳細はこちら

ニューキミエホワイト【キミエホワイトプラス】はどう変わった?

L-システインの配合量が1.5倍に!

黒色メラニンの生成を制御する有効成分L-システインの配合量が増えました。

    • 従来のキミエホワイト 160㎎
    • ニューキミエホワイト【キミエホワイトプラス】 240g
管理人
これって、第三医薬品で認められている配合の上限、つまり最大なのよ。

だから、効果・効能として
しみ・そばかすを緩和』から
しみ・そばかすに飲んで効く』医薬品として進化したの。

パントテン酸カルシウムを新配合
シミが薄くなる過程で絶対に必要なのが、「肌の生まれ変わり」
古い角質が剥がれ落ちて新しい皮膚と世代交代することで、シミはだんだんと薄くなっていきます。
パントテン酸カルシウムは、肌の新陳代謝をサポートします。

さらにパンテトン酸カルシウムは、疲労回復、二日酔いの緩和にも効果を発揮します。

糖衣錠からフィルムコーティングに
ノンシュガーになりました。

1日6粒⇒1日3粒に
        • 1回2錠、1日3回⇒1回1錠、1日3回に!
        • 1箱270錠⇒1箱93錠に!
こんなことに思い当りませんか?

最近気になるシミが増えてきた
前からあったシミがだんだん濃くなってきた
お気に入りの洋服を着ても浮いて見えるようになった

もちろん、美白化粧品は使われてますよね?
でも、それだけじゃあだめなんです。
シミ取り、シミケアには体の中からの改善が必要です!

ほおっておいたら、そのシミはどんどん大きく、濃くなるばかり!

今から始めればまだ間に合います!

もしも気になるシミが薄くなったら…
もしも気になるシミがなくなったら…

あなたの笑顔はもっと素敵なはず!

woman-841164_640

そのシミ、なかったことにしませんか?

人気記事
カテゴリー
飲む日焼け止め
information